Interior Scape / 室内緑化

鹿屋ナーセリー

室内緑化を成功させる重要なポイントのひとつは、植物の選択にあります。 室内は屋外に比べて圧倒的に光の強さが足りないので、暗さに強い植物を選択し、事前に暗さに慣らさせておく必要があります。


弊社には室内緑化用の樹木生産養生施設「鹿屋ナーセリー」があります。 温室の天井には遮光ネットがかかっており、通常の温室よりも暗い環境を作り出しています。鹿屋ナーセリーの樹木はすべて「遮光養生」されているため、室内に適応できる準備ができている樹木です。


取り扱っている樹木は、一般的な「ベンジャミン」から室内でも生育可能な竹「グリーンバンブー」「ハイアンバンブー」、海外からの輸入樹木「ニチダ」「イーリー」、その他一品物の樹木がございます。 掲載されていない樹木も多数ございますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

鹿屋ナーセリー
一定期間遮光された空間で植物を生育させると、低照度の環境に適応できるように葉の面積を大きくします。
鹿屋ナーセリー
住所:鹿児島県鹿屋市名貫3536-2
敷地面積3600u、温室面積1200u、高さ12〜15m

管理者よりひとこと

室内用の樹木養生温室としては、国内でも1,2を争う大きさで、保有する樹木の本数は、200本近くになります。
鹿児島空港から車で約2時間の距離ですが、自慢の樹木たちを是非一度見に来てください。
ナーセリー管理者:鹿屋谷
余白